ホットヨガのレッスンを受ける前に知っておくべきこと

冷えによる体の様々な不調に悩まされる人にとって、ホットヨガのレッスンはまさに悩みを解消できる救世主のようだという意見は多いです。暖かく湿度の高い状態に整えられたスタジオの中で受けるホットヨガは、普通のヨガのときはもう少し違う点に注意する必要があります。大量の汗をかくという、普段の生活では中々経験できないような状態になることで、体が芯から温まり体の冷えが原因となってあらわれる様々な体の不調を改善する効果があります。けれども普段とはあまりにも違う環境に身をおくことで、体調を崩してしまっては元も子もないし、おなじレッスンを受ける人たちに迷惑をかけることにも繋がります。ヨガを始める前に、自分自身で確認したり準備することが求められる項目は事前に必ずチェックしておく必要があります。

ホットヨガをする前の食事のタイミングには注意する

食後すぐに運動するのは体に負担をかけるといわれますが、高温で高湿度のスタジオで行うヨガの場合は、食後すぐにレッスンを受けることで気分が悪くなる可能性が普通のヨガよりも高いといえます。出来ることなら体を動かす直前ではなく、始まる2時間ほど前には食事を済ませておくのが理想です。いくら食事の直後は避けるべきとはいえ、あまりにも空腹時に行うのも集中力が保てなかったりすることもあるので、どんなに遅くても1時間前、出来れば2時間前に食事を済ませてからヨガに参加するのがオススメです。そして大量の汗をかくため飲み物は十分に準備して参加するようにしましょう。汗をかくことは体にも様々なよい影響がある反面、きちんと水分補給をしないと体が脱水症状を起こすことにも繋がります。

体調管理はしっかりと、自分の状態を必ず確認する

ヨガに参加するのは当たり前ですが参加者の意思によるものです。ただし、40度近いほどの高温多湿の環境で行うヨガなので、通常のものよりも体に負担がかかることは十分に考えられます。そのため、例えば心臓などに疾患があったり怪我などで関節が動きにくい部分があるといった事情があるときは、自分の体の無理のない範囲で行うことが求められます。インストラクターは多くの生徒を教えるので、一人一人の状態を細かくチェックするのは難しく、ちょっと無理だなと思ったら自分自身でセーブすることが求められます。自分の体調管理は自分自身でしっかりと行い、気分が悪くなったり怪我をしたりするといったリスクには自分の責任で対応策をとることが求められます。もちろん事前にインストラクターに相談しておくという方法も有効です。